ボム君.com

【一人旅】高校生が一人でも宿泊できる6つの方法

f:id:nogizacarp:20170122143109j:plain


一人旅って、ワクワクしませんか?


孤独を好む中二心をくすぐるネーミング、『一人旅』
たった一人で、行ったことのない土地に降り、今日の予定も明日の予定も曖昧なまま、気ままに移動する自由さ。


僕も大好きです。↓一人旅。

一人旅 カテゴリーの記事一覧 - 僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

続きを読む

ブレーキ

「     _______っ⁉︎」

 

 

 

ガクッ!!という振動は、頭も身体も予期していなかったが故に、とても大きく感じた。

 

 

あれほど人に不快感を与える車体の止め方はそうそう無いと思う。

少なくとも、僕の身内や、乗せてくれたドライバーさんはそんなブレーキペダルの踏み方はしない。

 

 

普通自動車の仮免試験(技能検定)中に、その揺れはきた。

 

 

なんてことないT字路。

 

試験官からの指示は右折。

 

一時停止までは良かった。

 

左方から走行してくる車に、なぜか気づかずに発進してしまっていたらしい。

 

 

 

「 _______っ⁉︎」

 

 

 

試験官が座る助手席の補助ブレーキが一気に押し込まれる。

 

 

同乗してた彼もきっと動揺したに違いない。

検定は原則、後部座席に次の受検者を乗せて行われる。

 

 

 

 

補助ブレーキを踏む理由はわかる。

 

だけど、踏み方に込められた想いまでは僕にはわからない。

 

 

「まずい!ぶつかる!」かもしれないし、

「待ってましたー!」にも聞こえる。

 

(実際、検定だからアウトだっただけで、そのまま進んでも衝突はしていなかったと思う)

 

 

 

ともあれ、僕はあの踏み方で不快感を覚えた。

 

 

 

「正しい」にも、伝え方があるのかもしれないな…

 

 

 

 

 

 

ちなみに、僕は仮免合格し、僕と同乗した彼はダメだった。

にゃんすさん主催!たまTSUKIオフ会に参加してきました!

f:id:nogizacarp:20171224003243j:image

(帰りの電車で書いてます)

 

 

冬休み初日。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224150j:image

 

 

僕は池袋にいた。

 

 

 

 

にゃんすさん主催のオフ会に参加するために!

全力にゃんす!

 

 

 

(ちなみに、にゃんすさんは九州にお住まいなのに、東京でオフ会の幹事をしてしまうツワモノです…笑)

 

 

 

 

というわけで、安定(笑)のヒッチハイクで東京へ向かう!

 

 

1台目は若い夫婦。地元で建築系の会社をやっているらしいです。

 

“しあわせ”の改装の話もしつつ、三芳PAまで送ってもらいました。

 

実はヒッチハイク久しぶり。

連休の初日だから、東京行く人多いだろうな〜と思っていたけど、以外に苦戦して30分くらい待ったかな。(それでも30分だけど)

 

 

どこかで、「カップルの男側は、彼女の前で見栄をはりたいから、『写真撮ってください』とかって頼むと承諾してくれやすい」という話を聞いたけど、

 

僕の経験上、未婚のカップルがヒッチハイクで乗せてくれるのはかなり希だ。笑

 

 

まぁ、僕もデート邪魔してまで乗せてもらおうとは思わないけど。

 

 

そうなわけで、三芳から東京方面を目指す。

 

 

ここも20分くらい。

 

 

スキンヘッド+サングラスのおっちゃんが軽トラから、手で「(乗せてやるから)来い」の合図。

 

 

ちょっとびびった笑

 

 

静かだけど、話してみると声は柔らかく優しい雰囲気。

しかも僕と同い年の息子さんがいるのだとか。

 

 

 

「目白で降ろしてやるから、そこから10分くらい歩けば池袋だから。」

 

 

ということで、

 

 

3時間ちょいほどで池袋到着。

 

 

ちなみに電車だと2時間ちょいくらいなので、ヒッチハイクの目安である『普通に行くのにかかる時間×1.5』とほぼ同じ。

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

で…

 

 

 

 

この記事を集合時間までに書き…

名刺兼フライヤー完成! スマホでもここまでできるんです - ふじっぺのゲストハウス開業日記

 

 

 

集合場所である『いけふくろう』の前に2時間ほど早く到着笑

 

その後、先に集まっていたにゃんすさん、A1理論さん、リースさんと合流。

 

さらに箱根ヶ崎さん、ともきっくさんも集まり…

 

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224301j:image

 

 

で、時間を潰した後は…

 

 

『いけふくろう』前で13人のミニマリストが集結。

 

全然ミニマルじゃない。笑

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224318j:image

A1さんの先導のもと、“たまTSUKI”こと、“たまにはTSUKIでも眺めましょ”へ。

 

f:id:nogizacarp:20171223224342j:image

たまにはTSUKIでも眺めましょ

 

 

キャパ15人ほどの小さなオーガニックバーです。

(そこで14人でオフ会を開く…ほんとマキシマム笑)

 

 

幹事であるにゃんすさんから、九州土産

f:id:nogizacarp:20171223224358j:image

をいただきました。

 

なにこれめっちゃ美味しい…

 

 

さらに…

これも美味しい。

 

 

というわけで、飲み物を注文して…

 

 

 

この写真の感じ、好きです。

 

(あ、僕のはお酒じゃないからね!)

 

 

 f:id:nogizacarp:20171223224411j:image

オーガニック野菜。ミニトマトめっっっちゃ甘い。

 

 f:id:nogizacarp:20171223224432j:image

無農薬で作ったそば。

生で食べれる小松菜っていうのもまず凄い。そしてうまい。

 

 

 

 

と、ここでベストセラー作家、はらぺこグリズリーさんが遅れて到着!

 

 

世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)

世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)

 

 

遅れた理由は、「ちょっと急に取材入ってしまって…」

 


 

1人ずつ、A1さんにチャチャを入れられながら自己紹介。

 

僕は先ほど作った名刺をお渡ししました。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224445j:image

世界一美味しい豆腐。

いや、冗談じゃなく美味しい。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224500j:image

油揚げの中におからが入っています。

これもどういうわけか美味い。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224515j:image

山芋のグラタン。

美味しくないわけがない。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224525j:image

水、醤油、胡椒のみで野菜を焼いた、シンプルすぎる料理。

 

ありえないほど美味しい。

 

ピーマンは種ごと食べれる。きのこ、ピーマンは、噛むとジュわああああっと美味しいエキスが出てきます。

 

にんじんもレンコンも甘あああい。

 

 

f:id:nogizacarp:20171223224540j:image

そして、焼うどん。

 

これもまたシンプルで美味しい。

 

シメは、マスターの髙坂さんが今開発中だという玄米を使った雑炊。

 

玄米ってあんま食べないけど、これは美味しい。

(さっきから「美味しい」しか言ってねぇ)

 

 

*1

 

 

 

そんなこんなで、お話をしつつ、(下諏訪の話、ミニマリストの話、ゲストハウスの話、料理の話等々…)

僕は電車なので早めに上がることに。

 

 

 

こういうの、めっちゃ苦手なんですよね…笑

 

 

っていうと、「ヒッチハイクしてるのに!?」と言われてしまうんだけれど笑

 

 

 

ほとんど皆さんにご馳走になってしまい、申し訳ないというか、本当にありがとうございます。

 

 

この恩は、“しあわせ”で、回していけたらなと思っています。

 

〜しあわせパス〜誰でも1泊タダで泊まれる券 - ふじっぺのゲストハウス開業日記

 

 

主催のにゃんすさん、そして参加された皆様、お疲れ様でしたー!

ありがとうございました!楽しかったです!

 

 

 

いずれは、“しあわせ”でもオフ会が開かれたりするのかな……なんて。

 

 

f:id:nogizacarp:20171224001940j:image 

それでは!

*1:いま、帰りの電車で目の前にいる人が、橋本環奈ちゃんそっくりでびっくりしました

【一人旅】高校生が一人でも宿泊できる6つの方法

f:id:nogizacarp:20170122143109j:plain


一人旅って、ワクワクしませんか?


孤独を好む中二心をくすぐるネーミング、『一人旅』
たった一人で、行ったことのない土地に降り、今日の予定も明日の予定も曖昧なまま、気ままに移動する自由さ。


僕も大好きです。↓一人旅。

一人旅 カテゴリーの記事一覧 - 僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

続きを読む

仮面ライダー、超サイヤ人、プロ野球選手

f:id:nogizacarp:20171205230558p:image

過去の発言や考えはもちろん、社会の常識や倫理なんてものも、時というやつは簡単にそれを書き換えてしまいます。

 

 

 

 

そんなわけで、1年前に書いたこんな記事。

 

www.fjppe.net

 

それは半年後にはこう書き換えられているわけで、、

 

www.fjppe.net

 

 

 

つまり何が言いたいかというと、はてなブログプロとドメインが去年12月5日から1年契約(プラン)で、更新はしないと判断したので、今日をもって以前のような無料版に戻ります。

 

 

というご報告。

 

 

それに伴って注意してほしいのが、ドメイン(www.fjppe.net ってやつね)が変わってしまうので、明日からそのリンクを押しても「ページが見つかりません」と表示されてしまいます。

 

 

なので、例えば僕のこのブログをお気に入り登録してくださっていたりしている方がいましたら、お手数ですがもう一度ブラウザから、「ふじっぺ」と検索していただいて、登録しなおしてもらえるとありがたいです!

 

 

(ちょっと言うの遅すぎないか、俺さん。)

 

 

ブログデザインもガラッと変わってしまうと思うので、読んでくださっている方にはご迷惑おかけしますが、引き続きゆるっと更新していくのでよろしくお願いします!

 

 

(ちなみに、無料版だとはてなブログが出す広告がブログに貼られます。これは僕に一切お金が入ってくるわけではないので、「あっ、あいつしれっとブログで金稼ぎ始めたぞ...」なんてことはありません。てか、このブログくらいじゃ広告貼ったってお金入ってこないよ!)

 

 

 

そういえば、あれから1年たつけどブログのタイトルは気に入っているのでとりあえず変えないかな。

ただ、タイトルの画像は近いうちに変えようと思っています。素敵な写真を撮ってくださった方がいるので、いい感じのタイトル画像になるんじゃないかな。

 

あと、ブログデザインですね。これも近いうちに変更します。

 

 

そんな感じかな。

 

最近“しあわせ”開業に向けて本格的に動き始めたのでなかなかこっちを書く時間が取れないし、ネタが浮かばない。。笑

 

何か書いてほしいものがあったら、ゆるーくリクエストも募集しておきます笑

Twitter等にぜひ。

 

 

それでは短くこんな感じで。

 

 

 

 

あ、そうそうこの記事のタイトル「仮面ライダー、超サイヤ人、プロ野球選手」の意味は、「幼稚園くらいの時に、将来なりたかったもの。」

 

初志貫徹が善とされる世の中だけど、過去の発言になんていちいち責任を持つのは不可能です。

 

そのときの大事なものに集中し続ける人生でいたいですね。

 

ふじっぺのゲストハウス開業日記

 

でわ。

カットモデルは美容師志望の高校生にオススメかも!やり方や様子をお伝え!

f:id:nogizacarp:20171110220559j:image 

『カットモデル』という、ざっくり言うと美容師の練習台になる代わりに、安く(お店によってはタダ!)で髪が切れる仕組み、皆さんご存知ですか?

 

 

 

この記事では、おトクな『カットモデル』とはなんなのか、その様子や感想を、実際に今さっき(11月9日22時に終わって、23時ごろに書いてます)行ってきたばかりの僕がお伝えします!

 (更新日はその翌日ですが)

 

 

 

1.アプリやサイトからカットモデルの募集を探す

 

まずはお店探し。

 

僕はminimoというアプリを使いましたが、調べると結構出てくるので気に入ったものでOKです。

あなたにぴったりの美容師・サロンスタッフが見つかるアプリ ミニモ(minimo) 

(HPを見ると、なんだかオシャレで敷居が高く感じますが、学ラン高校生の僕でも全然平気だったので、多分大丈夫!)

 

 

また、都心から離れると一気にヒット件数が下がります。僕は埼玉に住んでるのですが、最寄駅あたりで調べた時は4つくらいしかなかったのでそこはご注意を。

 

 

日時や値段、美容師さんの希望がマッチしたら、予約!

 

 

2.実際にお店へ

 

あくまでモデル(練習台)なので、時間は基本的に閉店した後、他のお客さんがいない時であることが多いです。

 

 

入ったら、「カットモデルで来た」ことを伝えましょう。

 

 

実際に僕を担当してくれたのは女性の美容師さん。

 

 

3.どんな感じにするのかのお話

 

次は担当する美容師さんとのカウンセリングです。

 

僕は実は美容院に行ったことがないので(今回が初)、普通どんな感じなのかわからないのですが(汗)、おそらくあまり変わんないんじゃないかなと思います。

 

心配される方もいると思いますが、練習台といっても、お店側の都合で髪型を決められるわけではなく、普通にリクエストできます。

 

(お店によっては「カラーのみ」とか、「パーマNG」みたいな要項があるようなので、事前にご確認を!)

 

カウンセリングが終わったら、見習いさんは一旦先輩美容師さんに報告。

 

 

見「こんな感じを希望されてて、こういう風にしますか?と伝えたんですが…」

 

先「なるほどね、こういうところは確認しながら…」

 

 

みたいな会話が後ろの方で聞こえて来ました。

 

 

4.いざ施術

 

いよいよシャンプー、カットですね。

 

美容院でのシャンプーももちろん初体験。

あれすごいですね、頭以外が全然濡れないことに感動しました笑。

 

 

ちなみにその横では、見習い男性美容師さんが他のスタッフさんをシャンプーしてて、横に立ってる先輩美容師の女性に

「指の強さが違う!」

「ここはこう!」

みたいな感じであつく指導されてました。

 

 

カットは、これも初めてなので普通がわかんないのですが、ちょっとゆっくりめだと思います。

確認しながら切っているという感じでしょうか。

だってあれ、すごいもんね。切り方もいろいろあるし、左右揃ってるかとかいろいろ要素があって難しそう。(小並)

 

 

練習とは言っても、雑談したり雰囲気は本当に普通と変わらないんじゃないかなと思います。

 

 

ちなみに余談ですが、僕は初対面の人にはヒッチハイクの話をするのが鉄板です。笑

「え、怖くないんですか!?」

「どうやって捕まえるの?」

なんて感じで盛り上がります。

 

 

5.先輩美容師の確認&修正

 

1時間ほどの施術を終えると、ベテランの先輩美容師の確認が入ります。

 

 

 この時間はまさにマネキンのような気分です笑

 

「ここの切り方はいいね」

「ここ少し重たいから、こういうカットをしてあげるといいかも」

 

みたいな指導を、僕の頭を使って見習いさんに説明していきます。

 

 

指導が済んだら、最後にワックスをつけてもらって(夜の10時なのに!笑)終わり!

 

仕上がりは大満足!

 

だいぶモサモサしてた髪がさっぱり。

ちょっと切ってもらいすぎた気がするけど、最初の美容院じゃどんな感じにしたいのかうまく伝えられないもの…

自分の好みや似合う髪型を見つけるのにも、カットモデルはもってこいかなと思います!

 

 

 

ちなみに、ほんとにほんとにお金はかかりませんでした!

(あくまでお店や内容によります)

 

 

まとめ

 

カットモデルはお金をかけずに髪を切りたい人には超オススメです!

 

僕は高校生ですが、大学生や社会人の方も、「できれば散髪代はかけたくない」って思っている人は多いはず。

 

 

で、さらに僕が実際に体験して思ったのは、美容師志望の学生さんにもオススメなんじゃないかなということ。

 

 

いや、美容師業界はほんとにわかんないので無責任ですが、見習いは実際にどんな感じで指導されて、練習するのかを間近で見れるのは結構役に立つんじゃないでしょうか。

 

 

もちろんそういう人はもともと髪型をいじったりするのが好きで、自分で専門的なことも調べてたりするんだろうけど、普段の美容院とはまた違った風景が見れて良いと思います。

 

 

普段はベテランのスタイリストさんに切ってもらうのももちろん良いですが、今の自分により近い立場の見習いさんと直接触れ合える機会って、勉強していく上で大切だと思うのです。

 

 

そんなわけで『カットモデル』は、経験を積みたい見習いさんのためにも、お金をかけたくない方にも、そして美容師志望の学生さんにもオススメ!!というお話でした!

月ってこんなに明るかったのね。

f:id:nogizacarp:20171005001409j:image

 

窓を開けて、満月に照らされた明るいちきゅう……

いや、お向かいさんの家の屋根に目をやりながら、外の空気を思い切り吸い込んだ。

 

 

 

澄んだ空気が肺にやって来て、一瞬にして洗われたような気持ちいい感じを味わう。

 

 

 

なんかふと、ちきゅうっていいなって思えて来た。

 

 

 

肺に送り込む空気がある。

 

そしてそれだけで気持ちよさを味わえる。

 

 

 

急に贅沢に思えて来た。

 

 

 

 

 

 

 

それだけ。

 

でわ。

【たった230円で源泉掛け流し!】長野県の下諏訪温泉まとめ

f:id:nogizacarp:20171001114939j:image

僕がさんざん行ってる長野県下諏訪町ですが、ブログにもよく登場するようにあそこは温泉街なのでございます。

 

 

 し・か・も

 

 

ほとんどが朝5時半~夜8時半くらいまで開いています!!

 

 

 

 

し・か・も

 

 

 

マスヤゲストハウスから徒歩8分圏内に5つもあるのです!!!

 

 

 

 

 

 

し・か・も

 

 

 

 

どこもたった230円で源泉かけ流しのお風呂に入れるのです!!(お子さんは110円)

 

 

 

(……わかったから、うるさい。)

 

 

 

というわけで、マスヤ直近の5つのお風呂を紹介します! 

 

(お風呂を紹介するフロブロガー!笑)

 

 

ちなみに、シャンプー等はお風呂にはおいてありませんが、マスヤに泊まれば『シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔フォーム』のお風呂セットを自由に貸し出ししてもらえます!!

 

タオルなんかは有料ですが、それもマスヤでレンタルできます!

 

マスヤゲストハウス - 信州諏訪のゲストハウス

 

 

 

 

下諏訪温泉の特徴

 

お湯は無色無臭

無色透明で、においはありません。

とはいっても温泉ですので、もちろん効能もあります。

 

さらっとしていて優しい感じのお湯ですね。 

 

入るとき、出るときは挨拶

地元の人も頻繁に利用する温泉です。

入るとき、出るときは挨拶をするのが暗黙の了解のようです。

 

「こんばんは~」

「おやすみなさ~い」

というような感じで。

 

ちなみに話を聞く感じだと、男湯より女湯のほうがそういった交流は盛んのようですね。

 

お風呂セットをマスヤから持って行き忘れたゲストさんが、「地元の人に貸してもらった」と言っていたり、背中を流しあったりすることも。

 

お湯は全体的に熱め

いちばんびっくりするのはこれ。

 

最低レベルが43℃くらい。

 

熱いのが苦手な方でも入れるところはありますが、ほとんどが熱めです。

 

 

(余談ですが、下諏訪ヲタクあるあるで『下諏訪温泉に何回も入ると、普通のお風呂がぬるく感じる』というものがあります。僕も完全にそれですね。はじめは熱くて入れなかったけど、今では余裕になりました笑)

 

 

1.菅野温泉(すげのおんせん)

 

f:id:nogizacarp:20171001115611j:image

 マスヤから歩いて3分

 

お湯の温度はおよそ43℃

中央に楕円の湯船があり、両サイドにシャワーがあります。

 

シャワーは温度調整はできません。また、普段の水圧はやや強めですが、他の人が使うと途端に弱くなります。笑

あと、シャワーと鏡の位置が微妙におかしいです。

座ったところの鏡の右にあるのが、使うべきシャワーです。

 

 

ここの温泉の特徴は、壁の絵がなぜか洋風だというところ。笑

 

普通富士山とかじゃないですか。

 

そうそう、この記事では全部の温泉の絵を描いてみましたが、壁画の部分は白塗りにしておきました。

実際に見てのお楽しみということで。

 

 2.矢木温泉(やぎおんせん)

 f:id:nogizacarp:20171001115622j:image

マスヤから徒歩5,6分

 

ここはなんと番台さんのいない無人温泉なのです。

 

しかも他のお風呂と違い、券売機もないので、入り口にある箱に直接お金を入れる形になります。

 

マスヤで小銭の両替もしてもらえるので、230円ピッタリを持って行きましょう

 

 

お湯の温度は42,3℃。菅野に比べてややぬるめです。

シャワーは絵にあるように、奥の3つだけ。左手の壁にはシャワーのない蛇口があります。

また、温度調節がマニュアルのお湯と冷水を一緒に回して調節するやつ。

 

番台さんがいないこともあってか、ここで紹介する5つの中で一番すいている印象があります。

 

湯船側の壁は上が開いていて、女湯とつながっている昔ながらの感じ。

 

5つの中で、マスヤから西側にある唯一の温泉で、スーパーの西友が近くにあります。

 

3.新湯(しんゆ)

f:id:nogizacarp:20171001115634j:image 

マスヤから一番近い温泉で、歩いて1分

 

僕の体感では、ここが一番地元の人が利用するような気がしますね。

 

お湯の温度は44℃

「熱くても平気」という人でない限りは、足まで入るのがやっとだと思います。

 

壁画は富士山の絵。

お湯がライオンの口から出てきます。

 

建物はこじんまりとした感じ。いかにも地元の人のためのって感じですね。

 

4.遊泉ハウス児湯(こゆ)

f:id:nogizacarp:20171001115651j:image

マスヤから歩いて8分ほど。途中坂がありますが、距離自体はそんなにありません。

 

ここは5つの中で一番広く、2階には有料で休憩所もあります。

 

湯船も3つあり、絵にある大湯船、それから絵にはありませんが打たせ湯露天風呂もあります。

 

シャワーの数も多めで、やや新しい感じの雰囲気。

これで230円はもうおかしいんじゃない?って感じ。

 

ただ、絵の奥側の壁にあるシャワーはオススメしません。笑

自分が流したシャワーのお湯が湯船に入らないように気を付ける必要があるし、右側に人がいた場合、高確率でお湯がかかります。

 

お湯の温度は大湯船が43℃くらい、露天は41℃くらいで、比較的ぬるめ。

熱いのがムリ!という方にはここをオススメします。

f:id:nogizacarp:20171001115658j:plain

露天風呂

5.旦過の湯(たんかのゆ、たんがのゆ)

f:id:nogizacarp:20171001120000j:image

マスヤから児湯とほぼ同じ道を行って8分ほど。

 

児湯と同じく湯船が3つあります。

やや熱め、熱め、露天の3つで、それぞれ44℃47℃41℃くらい。

 

ここ旦過の湯が5つの中で一番熱く、47℃です。

 

絵で言うと手前側がその湯船なのですが、実はこの手前側に露天に行く扉があるんですね。

 

で、露天に行こうと歩いているその床に、熱めの湯船からこうお湯があふれて少しだけ流れているんですよ。

 

そのお湯に足が触れただけで、めっちゃ熱いです。気を付けてください。笑

 

 

ただ、ここの露天風呂には児湯と違って椅子があるので、ゆっくりと入るにはオススメ。もちろん熱め以外で。

 

床とかも黒いタイルで、新しい雰囲気です。

 

また、ここも壁画に注目してほしいですね。

描かれているのは葛飾北斎の『富嶽三十六景』。なのですが...ちょっとした仕掛けがあります。ぜひ見てみてください。

 

f:id:nogizacarp:20171001115716j:plain

露天風呂


まとめ

僕がこのブログでもよく書いている、下諏訪の温泉を紹介してみました。

 

下諏訪に行かれる際は、マスヤゲストハウスに泊まることをオススメします。

 

そろそろステマみたいになってきた気がしますが笑

ほんとに一度行ってみてほしいですね。

 

 お風呂セットも借りれますし、

 スタッフの方に言えば、温泉の案内もしてくれます。

 

ここに書いたのは僕がスタッフをしていたときにゲストさんに案内していた内容ですが、スタッフそれぞれ違った見方で説明してくれるので、おもしろいと思いますよ。

 

 

ちなみに僕が個人的に好きなのは菅野温泉で、よく通ってましたね。

 

 

中でも朝風呂がオススメ。

 

どこも大体朝5時半から空いていますし、夜は地元の人が入るので結構混んでいます。

 

窓から入ってくる朝日と、お風呂を独り占めする感覚がなんとも気持ちいいです。

 

 朝風呂上がりのコーヒー牛乳は最高。

f:id:nogizacarp:20171001211910j:image

 

 

また、230円というめちゃくちゃ安い値段なので、「夜は新湯に行って、朝は菅野に行く」なんてこともできちゃうのがいい。

 

 

マスヤにもシャワーはありますが、ぜひとも温泉に行ってほしいと思います!

 

 

でわ。

 

 

マスヤゲストハウス - 信州諏訪のゲストハウス

 

↓僕がマスヤでスタッフをやっていた時の話!

マスヤヘルパー カテゴリーの記事一覧 - 僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

高校生はみんなヒッチハイクをするべき

f:id:nogizacarp:20170930212629j:plain

僕は現在高校3年で、今までにヒッチハイクで200台近くの車に乗せてもらいました。

その中で感じたこと。

それは『高校生はヒッチハイクで旅をするべき』だということ。



おそらくこのページに来たあなたは、ヒッチハイクに興味を持っている方なのでしょう。


一つの経験談として、このブログを最後まで読んでくれたら嬉しいです。

続きを読む

【お知らせ】多分、明日(9月26日)21時ごろから、ツイキャスやります

ピーンポーンパーンポーン

 

f:id:nogizacarp:20170925233639j:image

 

なんとなく、お知らせ。

 

ツイキャス楽しそうだからやってみます。

 

↓ツイキャス公式サイト

TwitCasting - Stream Live Video on Twitter and Facebook

 

 

めっちゃゆるい雑談になると思います。

 

なんの話しようかな?笑

全然考えてません笑

 

ちょこっとだけでももちろんいいので、ぜひ観に(聴きに?)来てね〜。

 

以上、「ツイッターで呟けばええやろ!」なお知らせでした〜。

 

でわ。

ふじっぺ (@Fjppe) on Twitter

ヒッチハイクのコツやノウハウを日本一周した高校生がまとめた教科書

f:id:nogizacarp:20170613185152j:plain
ヒッチハイクで、移動費が1円もかからずにどこまでも行けるとしたら、あなたはどこへ行きたいですか?


ちょっとのコツと、自分の勇気、言い換えればノリの良さだけでどこへでも行ける圧倒的自由。それがヒッチハイクです。


こんにちは!高校生ヒッチハイカーのふじっぺです。


実は、僕もノリのような感じでヒッチハイクを始めたのですが、想像をはるかに超える楽しさに思わずにのめりこんでしまい、高2の5月に始めて、その年の夏休みには、乗せてもらった車の合計は100台を超えていました。



そんな中で、「こうすれば乗せてもらいやすい」というヒッチハイクのコツや、「あまり知られていないけど実は...」というノウハウなど、気づいたことがあります。


僕一人だけにとどめておくのはもったいないので、ここで公開しようと思います。


あなたが自由な旅をしたいと思い立った時、この記事にまとめたノウハウは必ず役に立つと思います。

続きを読む