ボム君.com

ブレーキ

この記事をシェアする

「     _______っ⁉︎」

 

 

 

ガクッ!!という振動は、頭も身体も予期していなかったが故に、とても大きく感じた。

 

 

あれほど人に不快感を与える車体の止め方はそうそう無いと思う。

少なくとも、僕の身内や、乗せてくれたドライバーさんはそんなブレーキペダルの踏み方はしない。

 

 

普通自動車の仮免試験(技能検定)中に、その揺れはきた。

 

 

なんてことないT字路。

 

試験官からの指示は右折。

 

一時停止までは良かった。

 

左方から走行してくる車に、なぜか気づかずに発進してしまっていたらしい。

 

 

 

「 _______っ⁉︎」

 

 

 

試験官が座る助手席の補助ブレーキが一気に押し込まれる。

 

 

同乗してた彼もきっと動揺したに違いない。

検定は原則、後部座席に次の受検者を乗せて行われる。

 

 

 

 

補助ブレーキを踏む理由はわかる。

 

だけど、踏み方に込められた想いまでは僕にはわからない。

 

 

「まずい!ぶつかる!」かもしれないし、

「待ってましたー!」にも聞こえる。

 

(実際、検定だからアウトだっただけで、そのまま進んでも衝突はしていなかったと思う)

 

 

 

ともあれ、僕はあの踏み方で不快感を覚えた。

 

 

 

「正しい」にも、伝え方があるのかもしれないな…

 

 

 

 

 

 

ちなみに、僕は仮免合格し、僕と同乗した彼はダメだった。